全身脱毛を始めてやる際に、おすすめなのはどこでしょう?

MENU

サロン選びは細かいところまでチェック!

誰もがムダ毛のないつるつるすべすべ肌に憧れますが、その手段として「全身脱毛をすれば、きれいな肌を手に入れることができるのかな?」と考えたことは1度は2度くらいはあるはず。とはいえ、全身脱毛をするにはそれなりの覚悟が必要となります。また、決心してやることにしたとしても、どこも同じように見えてしまい…選ぶのも大変です。初心者の人が多いだけに、なかなか難しいのです。

 

ただ、よーく調べるてみることで、一見同じようにみえる脱毛サロンも、サロンによって細かいサービスの違いが見えてきます。例えばシェービング。無料でやっているところもあれば、有料としてお金をとるところもあります。なかには、シェービングをやってこないと施術を受けさえてくれないところもあるのですから、そうしたサービスの違いなども確認しておきたいもの。

 

また、全身脱毛といっても顔はやってないなど…サロンによってできる部位が異なります。さらに、1日で全身を一通りおこなうといったサロンもあれば、1日に4分の1しかできない…なんて違いも。

 

料金はもちろんですが、細かいサービスや全身脱毛できる部位など、全体的な違いを把握・検討してみるといいですね。意外と細かいところでサロンの差がつくものとなっているのです。


予約の取りやすさと来店サイクル

脱毛サロンに通っていて「失敗したなぁ〜」と感じるのが、予約がなかなか取れないサロンです。仕事をしている女性が通うことが多いだけあって、平日の夕方以降や土日などは人気。仕事帰りに、休みの日に…と予約を入れるので、基本的にはどのサロンもこの時間帯に集中するものとなります。ですから、この時間帯に脱毛をしたいと考えている場合では、サロン選びの段階から予約が取りやすいかどうかを考える必要があります。最悪、予約がなかなか取れなくて、1年間に2〜3回しか通えなかった…なんて話もあるのですから、悠長に構えていると大変なことになります。ちなみに、平日の昼間であれば、どのサロンでも比較的楽に予約を取る事ができます。この場合では、料金を重視して選ぶようにするといいかもしれません。

 

また、自己処理をしなくてもいいぐらいにまで脱毛したいとなると、個人差はありますが12回〜20回は通わなければいけません。回数が多くなるほど料金も高くなりますが、それよりも来店する間隔を重視するようにしましょう。あるサロンでは同一部位の脱毛は3ヵ月に1回しかできませんが、この場合では年間で最大4回しか脱毛をすることができません。そうなると、永久脱毛に近い状態にするには、3年以上は通わなくてはいけないのです。サロンによっては毎月通えるところもあり、そうなると3倍近く早く終わる可能性が。予約の取りやすさ、そして来店サイクルについても要チェックです。


1回でやるか?分けてやるか?

全身脱毛では、サロンによってどのように脱毛を進めていくか…つまりは、1回の来店でできる部位にの数が異なります。大きく2つに分けることができますが、1回の来店で全身一通りを施術する、もしくは全身を4分の1に分けて4回の施術で全身1回分になる…のどちらかです。前者のように一気にやってしまうのであればとても楽ですが、後者のほうになると1カ月に数回の来店が必要となります。しかも、サロンの中には1カ月に通える回数を決めているところもあるので、全身を1回やるのに数カ月かかる場合もあるのです。

 

脱毛サロンは、仕事が終わった平日の夕方以降や休みである土日にとても混みます。なので、この時間にしか通うことができない…なんて人は、1カ月に数回も通うのは難しいでしょう。通えるようであれば後者の方法をとるサロンでもいいですが、厳しいようであれば前者の1回の来店で全身を施術するサロンを選んだほうがいいです。通う回数がぐっと減るので楽です。


最近話題の月額制とは?

脱毛サロンでの支払い方法といえば、現金がローン、クレジットカードです。とはいえ、ほとんどの人がローンを組んだり、クレジットカードで分割して支払うことになります。特に全身脱毛では金額も大きくなるので、一括現金はなかなか難しいです。

 

ですが、最近ではこの支払方法に新しい方法が加わってきました。なんと、まるで習い事や携帯電話の支払いのように、毎月決まったお金を支払っていくのです。耳にすることも増えてきた「月額制」というものです。この月額制が脱毛業界ではじわじわと広がってきており、一つのトレンドにまでなっています。

 

ただ、月額制といってもその意味はサロンによって異なります。月額サロンといって頭に思い浮かぶのは、「毎月、決まった金額を銀行口座で支払っていく」もの。ローンやクレジットカードのように期間が設定されず、利息も付かない…といった内容です。もちろん、このイメージ通りの内容になっているサロンもありますが、なかには「全身脱毛6回分、総額うん十万を分割払い」というように、単なる分割払いを月額制と言っているところもあるので注意が必要なのです。

 

「月額制=分割払い」であるかどうか、しっかりと確認してから申し込むようにしましょう。意外と勘違いしている人が多いです。

 


全身脱毛で永久脱毛はできるの?

 

サロンでは永久脱毛はできない?


エステサロンで全身脱毛をするというと、自己処理がいらない…といったイメージがあります。つまり、永久脱毛です。初心者さんなどは、特にこのイメージが強いのではないでしょうか。

 

ですが、永久脱毛というのは、厚生労働省の見解では一種の医療行為にあたるとされています。すなわち、医師免許を持っていない人が永久脱毛をおこなうことはNG。医師法に違反するして禁止されています。

 

なので、エステサロンや脱毛サロンでは、「永久脱毛」といった言葉はほとんど使っていません。半永久的とか、体毛の成長が遅くなる…といった表現にとどめているのです。使用している脱毛機器も、そのレベルが全く違います。医療脱毛のレーザー脱毛とエステサロンの光脱毛器では、施術時の出力数がまったく違うのです。出力数が高いのは医療レーザーで光脱毛器は低いものとなっていますので、当然のことながら出力数の高いほうが効果も高くなります。

 

ただ、これらの話はあくまでも一般論です。出力が弱いから効果がない…なんていっても、実際に通っているほとんどの人が、体毛の成長が遅くなったり生えなくなってきているのも事実なのです。永久脱毛に近い状態になった人も少なくありません。人の体毛はその量や質、脱毛のしにくさなど…人によってさまざまです。要は個人差があるということなのですから、一般的には「永久脱毛はできない」と言われていても、サロンでも人によっては永久脱毛に近い状態になる人、なった人とあるのです。

 

求めている脱毛は何?


医療クリニックの医療レーザーと、脱毛サロンやエステサロンなどで使う光脱毛器においては出力数が著しく異なります。医療クリニックでは出力数も高きく使えるのですが、脱毛サロンなどでは出力数の上限は制限されてしまいます。一応、どこまで出力を出していいのかが決まっており、それ以上に出力は禁止されています。出力数が抑えられていますから、人によっては脱毛効果がまったく期待できないこともあります。特に、体毛が濃い人の場合では効果が出にくく、薄い人は効果も出やすいものとなっています。

 

では、脱毛サロンよりも医療クリニックのほうがいいのか?…と思われますが、医療機関での脱毛は保険がきかないので、それにかかる費用はすべて自腹。とても料金が高くなります。全身脱毛をするとなると大体60〜100万円ほどになるとされており、やりたいと思ってもそう簡単にはできないのです。

 

脱毛エステは、医療クリニックよりかは安くなります。ただ、体毛の特徴などの個人差や、通う回数によって十分な脱毛効果の成果が違ってきます。人によっては、永久脱毛にちかいレベルでの仕上がりになる人もいます。ですから、一概に医療クリニックのほうがいい…とは言えないのです。

 

医療クリニックと脱毛サロン、どちらを選ぶかはとても迷います。迷った時には、完璧に1本も生えてこない仕上がりを望むのか、それとも体毛の成長スピードが落ちて生えても数本ぐらいはよしとするのか。脱毛するといっても、どういったレベルを希望するのかで考えて決めていくといいでしょう。

 

体毛が成長するサイクル

 

体毛の毛周期


全身脱毛をするには、毛周期に合わせて施術をしなければいけません。毛周期には成長期・退行期・休止期とあり、成長期はさらに初期と後期に分けられます。体毛はこの周期を繰り返し、成長しては抜けていきます。脱毛方法には電気脱毛やレーザー脱毛、光脱毛とありますが、これらが反応するのは成長期と退行期の一部だけです。全体の3分の2は休止期に入っているので、施術をしてだ脱毛効果を得ることはできません。これらは成長期に入ってから施術をおこなうこととなります。タイミングを見計らって、数回の施術で少しずつ残っている体毛を減らしていくのです。

 

1回の施術ではすべての体毛を処理できないので、定期的に何度か通うことになります。毛周期のサイクルは人によって異なりますが、平均的には2カ月遅い人でも3ヵ月で生え変わるといわれています。通うペースとしては、医療クリニックやサロンのやり方によっても違いますが大体1〜3ヵ月に1回ぐらい。次回の施術まで間が開いてしまうのも、すべて毛周期を意識しているからなのです。

 

皮膚の表面に出ている体毛にしか効果がないので、なるべく少ない回数で効率的に終わらせたいのであれば、毛周期の長い毛のサイクルに合わせて予約を取るのが一番。ですが、自分ではなかなかわからないですから、そこはサロンのスタッフのアドバイスを聞くようにします。ただ、なかにはサロン自体が、最低でもこれだけは開けなくてはいけない…なんて期間を設定しているところもあります。また、ある程度の脱毛回数を消化し、ほとんど自己処理がいらないレベルにまでなってきたら…その時は、生えてきたら予約をとるようにしてもいいですね。

 

回数を重ねるごとに効果を実感


脱毛サロンに自己処理が必要にならないほどの満足感を得るには、1部位につき最低でも12回は施術をおこなわなくてはいけません。2カ月に1回の来店サイクルだと2年、3ヵ月に1回では3年はかかることになります。全身脱毛を成し遂げるには長い期間がかかりますので、脱毛は思い立った時にやるのが一番なのかもしれません。

 

また、脱毛することでお肌はつるつるになり、毛穴もほとんど目立たなくなります。自己処理をしないですむということは、お肌にダメージを与えないということでもありますので、年齢が上がるほど衰えるお肌をいたわることができるということなのですね。

 

施術では体表に出ている成長期の後期分にのみ反応するので、最初の1〜2週間ぐらいは毛が抜けたと思います。が、4週間後ぐらいになると、今度は施術した時に休止期に入っていた体毛が成長期に入り皮膚の表面に伸びてくるようになります。ですから、「全然、効果がない!」なんて思う人も。でも、それは体毛の毛周期によるものであり仕方がないこと。数回おこなううちにどんどん少なくなっていきますし、ある程度の効果を感じるようになるには最低でも6回は必要です。自己処理がいらないレベルには12〜18回は通わないといけません。

 

全身脱毛の最低回数

 

回数と比例する脱毛効果


きれいに脱毛できる回数については個人差があるので、カウンセリングの時に具体的な数字について教えてくれるでしょう。一般的には、脱毛サロンで自己処理がいらないレベルでの脱毛は12〜18回程度、医療レーザーでは8〜10回と言われています。また、脱毛サロンでは多くが光脱毛を採用していますが、これは6回で約50%、12回で80%、18回で95%くらいの脱毛効果となっています。体毛が濃い人であればもっとかかる可能性がありますが、薄い人はもっと早い段階に効果を感じるのかもしれません。

 

では、18回を目安に通えるところを探してみよう…と思っても、意外とこの回数のプランンを掲載しているサロンは少ないものとなっています。最大でも10回までのプランしかなサロンが多く、12回以上となるとなかなかみかけません。では、12回以上のプランはないのか…というとそうでもなく、カウンセリングに行った際に12回以上のプランを勧められたりと、記載していないけど実はあることも。

 

脱毛サロンをどこにするにか選ぶ際には、ホームページを参考にします。ですが、ここには掲載されていないプラン、また相談次第で対応してくれる場合もありますので、まずはカウンセリングを受けて話を聞くのが一番確実で手っ取り早いです。気になるサロンを2〜3店舗に絞ったら、それぞれカウンセリングを受けて比較してみましょう。

 

回数無制限で注意したいこと


少ない回数でのプランしかないサロンの場合、回数無制限といった形をとっている場合もあります。12回や18回を設定してもその範囲に収まらない場合もありますので、自己処理がいらない永久脱毛を想定したプランです。

 

ただ、当然ですがその料金はとても高くなります。また、通う期間も長くなりますのでリスクも高くなります。無制限ということは当然ながら通う期間も長くなりますので、もしかしたらその間にサロンが倒産してしまうかもしれませんし、結婚や仕事の都合で引っ越さなくてはいけなくなるかもしれません。スタッフが入れ替わって、その対応に不満が出てきたり…なんてことがあったら最悪です。数年先の事情はそう簡単に予想はできませんから、お金に余裕がある場合や、サロンの移動が可能なところなど…もしもの際に臨機応変に対応できるサロンを選んだほうがいいかもしれません。不安な時は、12回や18回といったプランでおこない、不足したら追加する回数を検討するのもいいですし、逆にお手頃な6回などのプランをやり、その時の対応で別プランで継続するか他の店にするのか考えてもいいですね。

 

トータル的なコストで考えると無制限プランがお得ですが、リスクが高いといった特徴があります。特に脱毛サロンは競争が激しいので、人気のあるサロンでも突然に倒産することもあるのです。無制限プランを選ぶ場合は、料金だけでなくリスクも把握してから申し込むようにしたいですね。でないと、途中で後悔することになるかもしれません。

 

サロンの雰囲気と痛み

 

サロンの雰囲気を図るには?


「全身脱毛を脱毛サロンでやろう!」と決心した際に、気になるのがサロンの雰囲気。いくら料金やプランが充実していたとしても、サロンの雰囲気やスタッフの対応が悪ければ通うのも苦痛になってしまいます。実際に、サロンの雰囲気が悪くて途中で退会した…なんて話も多いのです。

 

そうしたことを避けるためにも、まずはインターネットの口コミサイトなどをチェック。口コミは実体験に基づくものなので、その信憑性は高いものとなっています。サロンの紹介にはなかったような話があったりするので、事前にリサーチしておくととても助かります。トラブル回避にもなるのです。

 

ただ、口コミは書き手の見方で書かれていますし、誤解を与えるような表現をしていることもあります。同じような状況になった時に、自分は違う感想をもつかもしれませんし、もしかしたらオーバーに書かれているだけなのかもしれません。口コミはあくまでも参考程度にして、自分が感じた直観から最終的な判断をするようにしましょう。

 

多くのサロンではトライアルや無料相談、カウンセリングサービスをおこなっています。体験も、1回だけのところもあれば複数回をできるところもあります。そうした場を受けて、サロンの雰囲気をじっくりと観察。雑誌やホームページではきれいな内装写真が掲載されていたけれど、実際にはあまり清潔感を感じなかった…なんてことはないか?スタッフの対応や雰囲気はよかったか?施術を終えたお客さんの様子をチェックするのも大事で、リラックスした顔をしているのか…その時の表情やスタッフさんとのやり取りである程度の満足度が図れます。クオリティの高いサロンであれば施術中もリラックスできますから、施術後は晴れやかな表情になっているものなのです。

 

痛みの程度は自分で図る


心配される施術時の痛み。痛みに耐えられないために途中で解約してしまった…なんて事も少なくないのですから、意外と馬鹿にできない問題です。この痛みに関するトラブルは、当然のことながらエステ側に比はないものとみられ、費用の返金を求めても無理なものとなります。

 

どのサロンでも、カウンセリングや体験時などに施術方法や費用の説明をしています。もちろん、痛みについても説明が行われていますので、実際に契約してプランをスタートさせた際に「痛くてできない!」なんてことになっても、サロンにその非を求めることはできません。後で後悔しないためにも、痛みに不安がある人は体験が必須となります。

 

特に痛みが強いのが電気脱毛です。狭い範囲ならまだしも、これが広範囲となると途中でリタイヤする可能性が高く、実際に電気脱毛でリタイヤする人のほとんどが全身脱毛なのです。

 

また、電気脱毛よりも痛みが弱いといわれているレーザー脱毛や光脱毛も、痛みに弱い人にとっては繰り返しおこなうのがストレスになることもあります。痛みの感じ方は人それぞれなので、これに関しては口コミを鵜呑みにしないで自分で体験して判断するのがいいでしょう。

 

サロンの勧誘

 

勧誘を断るには?


脱毛サロンで一番に嫌がられるのが勧誘です。すこしばかりの勧誘ならまだしも、断っても断っても勧誘してくるようでは、ストレスもたまりますし二度と行きたくないと思うでしょう。昔は勧誘がひどく、うんと言うまで帰さない…なんてこともよくありました。今は口コミなどでもそうした話は一気に広がってしまうので、どのサロンも強引な勧誘は控えるようになりした。サロンのホームページなどをみても、「勧誘は一切いたしません」といった売り文句をどうどうと掲げているところが増えています。口コミでも勧誘のあるなしは書かれますので、サロン側も慎重になってきているのでしょう。勧誘がひどいといった口コミは、今やダブーなのですから…。

 

ただ、そうはいっても少しばかりの勧誘はあります。サロン専用のスキンケアアイテムや、プラン以外の話をしてくることはあるでしょう。でもそれも営業ですから、宣伝を1回ぐらいはしないといけませんし、もしかしたら自分にマッチした情報があるかもしれません。必要がないと伝えた時点であっさりと引き下がれば、それは無理な勧誘とはいえませんので問題ではないでしょう。

 

もしも強引な勧誘があったとしたら、妊娠という話を出してもいいですね。基本的に脱毛は妊婦さんにはできません。ですから、「妊娠している可能性があるので、確認してから連絡します」というのも一つの手です。できればこうした言い方はしたくないですが、強引な勧誘をしてくるサロンは通うべきではありません。その場の雰囲気に負けて契約をしてしまったら、後で必ず後悔することとなります。

 

また、妊娠を理由に断りにくい時は、家族に相談してからでないとダメとか、旦那に言ってからでないとできないので、転勤の可能性があるので確認します…とかなんとか言うと効果的。特に配偶者に関する理由では、スタッフもあまり強く言い返せないでしょう。

 

あえて断ったときの態度をみる


嘘をついてまで断るのは気が引ける…と感じるかもしれませんが、断った時の対応を見ておくのは、サロンの良しあしを図るのに有効な材料となります。「一度家に戻って考える」とか「今、この場では契約はしない」といった返事に対して、接客態度が悪くなるようなサロンであれば、そこは通わないほうがいいでしょう。ちなみに、正直に「ほかのサロンも見ている。比較検討して決めるつもりです」と正直にいくのもいいですね。どちらにしろ、脱毛は長期で通うことになりますしお金もかかります。「ゆっくりと決めてください」とにこやかに余裕で対応してくれるサロンなら、契約後も強引な勧誘もなく安心して通えそうですね。

 

脱毛サロンの勧誘は不思議なもので、その場にいるとついつい話に乗ってしまいやすいものとなります。雰囲気がそうさせているのです。でも、いったん外に出て冷静になって考えてみると、そこまで魅力的な内容ではなかったように感じることも…。失敗しないためにも、どんなに良いと思った内容でも、一度外に出て気持ちが落ち着いてから検討してみると、冷静な判断ができるものとなりますのでおすすめです。

 

妊娠と脱毛の関係

 

妊娠中に脱毛ができない理由


脱毛をしたくてもできないのが、妊娠中です。でも妊娠したことがわかるのは、そうすぐではありません。ある程度おなかが大きくならないと、もしくはなんらかの体調変化…つわりなどがおこらないとなかなか発覚しないものとなっています。ですから、契約をして施術を何回か受けたときに妊娠が発覚したなんてこともあります。基本的に妊娠中は施術を受ける事ができませんので、即ストップとなります。ちなみに、妊娠していることに気が付かないまま何回かやってしまったとしても、こうしたケースは妊娠初期のまだ最初の頃であることからも、それが母体や胎児に悪影響を及ぼすことにはないといわれています。妊娠がわかったら、脱毛サロンだけでなく光を使用した家庭用脱毛器によるムダ毛処理も避けたほうがいいでしょう。

 

では、なぜ妊娠中は脱毛をしてはいけないのでしょうか?それは、妊娠中はホルモンバランスが大きく崩れるからです。体毛の成長にはホルモンバランスが深くかかわってきますので、妊娠中の変化した状態では施術による効果が得られずに、また同じところから生えてきてしまう事があるのです。しかも、逆に体毛が濃くなってしまう…といった多毛症になることもあります。これらのことからも、妊娠中に脱毛をやっても意味がないとしてやらないのです。無事に出産するまでは、ストップしておいたほうがいいでしょう。

 

また、妊娠中にやらないのは効果が低いだけでなく、肌へのダメージなども考慮しています。全体的にコンディションが安定していないので、皮膚もとても敏感になっています。施術によるダメージが、普段以上に出てしまいやすいのです。

 

期限の有無は必ずチェック!


全身脱毛の為にサロンに通っている最中に発覚した妊娠。出産するまで脱毛ができないのは残念。やりたくてもサロン側がNGを出すのですから、ここは黙って待つしかありません。

 

ちなみに、妊婦さんへの脱毛の安全性についてはの臨床実験というのはありませんので、妊娠中の安全性や胎児への影響や安全性は、本当のところはよくわかっていない状態です。なにせ、データがとれませんので…。ですから、免責事項や注意事項については、医師の判断を仰ぎなさい…というのが本当のところ。とはいえ、脱毛だけに限らず健康食品など他も一緒で、100%の安全なんてないのです。もっといえば、妊娠していない状態であってもです。何かあったときのリスクに対して脱毛サロンは責任を取ることができませんので、基本的に妊婦さんはNGとしているのです。逆に「妊娠中でもOKです」といったサロンは、ちょっと信用できないかもしれませんね。

 

こうしたことからも、今後妊娠する予定がある人は、期限が設定されていないサロンを選ぶようにしたほうが安心です。サロンによっては「3年間以内に」と期限を設定しているところがあるので、途中で妊娠が発覚したら消化できない可能性が高く、せっかくの高いお金が水の泡となります。サロン選びの際には、回数や費用だけでなく、期限の有無についても要チェックなのです。

 

生理と脱毛

 

生理中は施術NG?


定期的におとずれる生理。この生理期間中は、脱毛サロンによっては施術をNGとしている場合もあります。生理中ということで、脱毛ができないのはデリケートゾーンだけ…と思いがちですが、実はそれ以外の施術もNGとしているサロンもあり、生理中における脱毛は各サロンに確認しないとわからないものとなっているのです。

 

ただ、やはり生理中は出血があることからも、アンダーヘアとお尻周り…いわゆるVIOライン脱毛はNGとなっていることがほとんど。それ以外の部位であれば、脱毛可能となっているサロンも少なくはありません。逆に、どの部位であろうとも生理中の施術は基本的にNGとしているところもあります。

 

生理中の施術を禁止しているサロンでは、事前に生理が来そうな日だとして予約をキャンセルして再度別の日に予約をすることは受け付けているようですが、当日の生理によるキャンセルについてはキャンセル料が発生したり、1回分を消化したと処理されてしまうこともあります。なぜなら、その予約の時間帯を希望した人を断っているのですから。そうしたことからも、生理期間中の施術の有無と、もしも予約日に生理になってしまったらどうなるのかを確認しておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、さらに細かく設定しているサロンもあります。生理日の施術だけでなく、前後数日間は施術できない…なんて厳しいところもあるのですから要注意。どちらにしろ、脱毛をするのであれば自分の生理日はしっかりと把握しておく必要があります。

 

生理中の脱毛がNGな理由


生理はいつも規則的におとずれるわけではないので、なかなかその管理も難しいものといえます。特に不規則な生活や無理なダイエットをしている人などは生理の周期も乱れやすく、なかなか思うとおりに予測できないこともあるでしょう。そうした場合は、これをきっかけに生活習慣や食事内容を見直すようにしたいものです。

 

ただ、サロンによっては生理中でも施術OKとしているところもあります。これは、利用者からしてみれば生理を気にしないで予約を入れることができるので楽です。が、あまりおすすめすることはできません。なぜなら、生理中はホルモンバランスが乱れているので、妊娠中と同じように脱毛には向いていない状態になっているのです。しかも、いつもより皮膚が敏感に反応するようになっていますし、痛みも感じやすいもの。抵抗力も弱まっていることから肌トラブルを起こしやすいのです。

 

さらに、生理中でも施術OKとしているサロンでは、施術台に血液が付着してしまう可能性もあります。血液というのは病気を媒介させる可能性があるものですから、サロンとしてはそうしたリスクを避けたいもの。受ける人だけでなく、サロン側にも大きなリスクがあるからこそ、生理中の脱毛はNGと掲げているのです。こうしたリスクがあることからも、生理中の施術をOKとするサロンの場合では、その程度にもよりますが、ちょっと注意したほうがいいですね。

 

サロンに行くときの服装

 

脱毛する際の服装


脱毛サロンに行く際に気になる服装。何か決まっていることなどはあるのでしょうか?実は、脱毛する日の服装としてはお肌の露出を避けた服装であり、かつ脱ぎやすい服装が良いものとなっています。お肌の露出を抑えるのは、夏以外では簡単ですね。

 

露出を避けた着脱がしやすい服装が良い理由としては、施術後のお肌の状態に関係しています。施術後のお肌はダメージからもひりついたり、外部からの刺激に弱く敏感な状態になっています。抵抗力が低くなっているので、お肌を露出したまま外に出るのはとても危険。紫外線がストレートにあたって肌トラブルの原因となってしまうのです。ちなみに、洋服の素材にも注意したいもの。肌に当たってチクチクするような素材の洋服は、それが刺激となってトラブルの原因に…。脱毛する日は、ファッション性よりも肌に刺激がないリラックスできる洋服にするようにしましょう。また、施術前には基本的に服を脱ぎ、サロンが用意したバスローブなどに着替えて施術を受けるものとなります。ですから、着脱しやすい洋服のほうがスムーズに支度ができます。

 

そして、施術日にはムダ毛が1〜2ミリほど伸びている状態にしておくことを忘れずに。なぜなら、脱毛機は黒い体毛に反応します。ですから、施術時にお肌から少しだけでもムダ毛が出ていないと脱毛効果を得ることはできないのです。これはカウンセリング時などに説明されるとおもいますが、施術前1〜2日までにカミソリかシェーバーなどで深剃りをしない程度に剃ると、施術当日にちょこっと体毛が出ている状態になります。サロンの中には、剃り残しがあったら施術できない…なんてケチなことを言ってくるところもあります。そうした際にどのうような対応をとっているのか…有料で剃ってくれるなどのサービスをしているところを選んだほうが安心です。

 

メイクはどうする?


脱毛サロンに行く際には、メイクはしていってもいいのでしょうか?これは、顔や顔周り以外であれば、普段通りにメイクをしていっても大丈夫です。でも、顔や顔周りであれば、サロンにはメイクルームやクレンジングなどあ用意されていますから、そこでメイクを落とす必要がでてきます。施術後のメイクを考えて、メイクセットは持って行ったほうがいいでしょう。ただし、施術をしたことでメイクNGになっている場合もありますので、これも要確認となります。

 

また、見落としがちなのがボディクリームです。特に冬はカサカサ肌の保湿対策としてボディクリームを塗る事も多くなります。が、施術前にボディクリームを塗ってしまうと、その油分で施術がうまくいかなくなってしまうこともあるのです。

 

メイク用品やスキンケア用品が置いてあるかどうかは、サロンによって異なります。料金の安いサロンだと予算カットの為に置かれていないこともありますので、カウンセリングや体験時などに確認しておきましょう。また、置いてあったとしても、その管理がしっかりされているかどうかも要チェックです。